急激なダイエットをすると胸は小さくなってしまうのか?

よく、痩せる時は胸から痩せるなんていう話、聞いたことありませんか?

胸は90%が脂肪で構成されています。
ですから、急激にダイエットをすることで脂肪が激減し、胸も小さくなってしまうのです。

しかし急激なダイエットは、胸が小さくなるだけでなく、体にいいものではありません。
短期間で急激に減量してしまうと、体がそれについていかず、様々な弊害が出てきます。

女性なら生理が止まってしまったり、拒食症や逆に過食症になったりもします。
自律神経のバランスが乱れ、ストレスが溜まりやすくなるので精神的に不安定になります。

また、体重が減ると同時に体脂肪や筋肉も減ります。
なので、かえって脂肪が燃えにくい体になってしまいます。
いったん痩せたように見えても、リバウンドを起こしやすくなります。

そしてリバウンドを起こした後が一番怖いです。
脂肪ばかりが増えて、体脂肪も前よりも多くなります。

一方、拒食症に陥ると死さえ招くことがあります。
食事を摂るという行動がとれなくなり、栄養失調になり多臓器不全で死に至ることもあります。

このように急激なダイエットは危険がいっぱいです。

一度崩れてしまったバストの形は、なかなか元には戻りません。
バストを美しく保ちながら健康的なダイエットをおススメいたします。

ダイエットを始めたら、あなたに合った正しい下着を着用しましょう。
ブラジャーを選ぶときはアンダーがきつくない程度のやや小さめを選ぶこともコツです。
その訳は、寄せて集めた脂肪を集めることが出来るからです。

あと、胸のマッサージや体操など、普段からバストの形が崩れないように気を付けることです。
また、豆乳や大豆製品など、バストに良いとされるものを多く摂取することも大切です。